マーケティングオートメーションを導入するには?何をどうすればいいのか

欠かすことのできない準備や下地作り

多くの企業が、マーケティングオートメーションの必要性や重要性についての議論を活発にしています。そもそも、マーケティングオートメーションとは、マーケティング部門における見込み客作りのシステムといったところです。確かに、マーケティング戦略を進めていく上では、マーケティングオートメーションの導入は極めて有意義な方法であることはいうまでもありません。しかしながら、そのための準備や下地作りも重要といえるのではないでしょうか。やみくもに導入しても余剰人員が出たり、機能を十分に使いこなせなかったりすれば、元も子もありません。マーケティング戦略を考える上では欠かすことができないターゲットの絞り込みや見込み客作りなどの事前の準備が必要です。

もはや営業の主流にも

マーケティングオートメーションが、今日のように重要視されているのは、ビジネスの手法やアプローチの仕方が変化を見せているからといえるでしょう。従前のように、若手社員が手当たり次第に電話をかけていくなどの営業方法では、ほとんど結果に繋がらないのが現実です。ネットワークサービスの躍進もあり、ネット上のメールやSNSなどを用いての営業スタイルが徐々に主流を占めるようになってきたのも現実といえるのではないでしょうか。また、営業部隊にとっても効率化やコストパフォーマンスが重要な要素として掲げられていることもあり、マーケティングオートメーションの導入に対する期待感が自然に高まっているのです。そんな中、マーケティングオートメーションの提供をサービスに掲げる企業も増えてきており、そのサービスクオリティを見極める力も求められています。