最初にこれだけは知っておこう!マーケティングオートメーションとはどういうもの?

マーケティングオートメーションを導入する目的

マーケティングオートメーションとは、見込み客の情報を管理し、メールやSNSなどにおけるマーケティング活動を自動化するためのツールです。近年では顧客がインターネットなどのメディアを通じて自分から商品の情報を得ることができるようになり、顧客との接点が多様化しました。それに合わせてマーケティングの手法も多様化する必要がありますが、一人ひとりの顧客の興味にあったアプローチをするのは人力では限界があります。そこで、見込み客を育成し情報を精査して優先度の高い顧客を抽出する流れが自動化できることからマーケティングオートメーションが注目されるようになりました。マーケティングオートメーションを導入することで営業部に質の良い顧客リストを渡すことが可能になり、効率的なマーケティング活動が可能となるのです。

マーケティングオートメーションでできること

マーケティングオートメーションによって効率化できる分野がリードナーチャリングです。リードナーチャリングとは、顧客に対して有用な情報を配信することで育成していくプロセスのことを指します。どんな場合にどんな情報を配信するかをあらかじめ設定しておくことで、自動的に配信されるので効率的に顧客を育成することが可能となるのです。また、マーケティングオートメーションにはスコアリングの機能が備わっています。顧客ごとにアクセス履歴などのデータを保持しているので、そこからどれだけの興味関心があるのかを把握することが可能です。例えば、Webサイトを閲覧するごとにスコアを加点していき、一定以上のスコアに達すると営業部門へ顧客情報を伝えるようにすることで、営業との連携がスムーズになるメリットが生まれます。