導入前に事前に考えておくべきこととは?

顧客について分析することが必要

マーケティングオートメーションを導入する前には、自分たちの顧客になってくれるのはどのような人たちなのかについて分析していくことが重要です。年齢や性別などの定量的なデータのみではなく、ニーズやライフスタイルまで考えたペルソナを設計します。誰に対してアプローチするのかはっきりさせるためにもペルソナ設計は欠かせません。しかし、十分な量の顧客情報を確保できていないと正確な分析ができない可能性があります。正しい分析を行うためにも、十分な顧客情報を確保していることが求められます。また、ペルソナ設計は導入後も試行錯誤を繰り返していきながら最適化していかなければなりません。導入したことによる効果が現れるまでに時間がかかることも、あらかじめ理解しておくと良いでしょう。

シナリオ設計やコンテンツ制作も大切

効果的なアプローチのためにはシナリオ設計も重要です。設定したペルソナがどのような経緯で製品を購買するのかを検討しましょう。どのようなタイミングでどのようなメッセージを送ると購買につながるのかを整理して、マーケティング戦略を立案します。マーケティングオートメーションの導入によって、戦略によって決めたタイミングで情報を自動的に発信することが可能になりますが、発信するコンテンツは自前で用意しなければなりません。新製品の情報をメルマガとして配信するだけでは、せっかく導入してもただの配信ツールで終わってしまい、十分に機能を活かすことができません。効果的な顧客育成のためにも、コンテンツ制作のリソースを確保しておく必要があります。